中性滑り止め剤



なぜ「滑り」が起こるのか

通常、床面と足が密着した状態で歩行すればガラスの上でも滑りにくいものです。しかし、床面と足の間に、水や油分等の別要素が入り込むことにより「滑り」が発生しています。特に浴室やプールサイドと水周り関係の場所では、水垢や温泉成分、体脂肪分等が付着することもあり、さらに滑りやすい状況が作られます。また、クッション性のある履物が滑りやすいのは、中に入っている空気がすべりの要因になっているのです。

SGSによる滑り止めの原理

SGS施工は、石材に含まれる軟らかい成分を化学反応で溶かし、直接約7マイクロメートルの穴を床材にあけて滑りにくくする技術です。 穴の数は成人男性の片足一歩分で約6万から10万個になり、床が濡れると、その無数の穴の中に水が入り足底との吸盤力が強まるため、水の移動が抑えられて滑り止め効果が現れます。

足裏との吸盤力とは…
穴に入った水の表面張力効果を利用してできる力のこと。1つ1つの穴の大きさは小さいが、穴が無数に集まれば大きな力となり、高い滑り止め効果 を生み出します。SGSは、滑りの原因である「水分」を逆に活用し、滑りにくくする画期的な工法です。



床材を傷めず、美観はそのままに

SGSにより床材にあける穴の大きさは約7マイクロメートルです。これは、人間の赤血球とほぼ同じ大きさになり、スギ花粉 の約10分の1のサイズで、電子顕微鏡でなければ確認できないくらい小さな穴です。そのため、床材に凹凸ができることがなく、 美観や質感を保ちながら高い滑り止め効果を得ることができるのです。

施工前後の床材写真


SGSの特長

お手入れ簡単
施工後、特別な道具を使用したメンテナンスは一切不要です。ただし、床材の表面に汚れが付着するとSGSの効果が正しく 発揮されないことがあるため、通常の清掃で汚れをしっかり取り除いて下さい。また、施工後にワックス等の処理を施すとSGSの滑り止め効果が失われてしまいます。

中和作業不要
SGSは中性の液剤を使用するため、中和作業が必要ありません。

5年間の施工保証
SGSは施工後に保証書を発行致します。最大で5年間の保証が付き、万が一、施工後に滑りやすくなってきたという場合でも安心です。

低コスト・少人数・短時間
特殊な液剤を用いた施工のため、大掛かりな重機などを一切使用することがなく、短時間に少人数で施工を行うことができます。騒音や粉塵・匂いがほとんど出ないので周囲を気にすることなく、昼夜問わず都合の良い時間帯での施工が可能です。

摩擦係数値測定結果


対象床材


施工風景


前洗浄の様子

SGS液剤の塗布

基本料金目安

施工一式 
10平米未満 64,800円~(税込)

10平米以上にも対応しております!
細かい面積や料金についてはお問い合わせ下さい。
お電話でのお問い合わせ:
フリーダイヤル 0120-107-079